About Us

Our work strives to enhance our sense of surroundings, identity and relationship to others and the physical spaces we inhabit, whether feral or human-made.

Selected Awards
  • 2004 — Aga Khan Award for Architecture
  • 2009 — Mies van der Rohe Award
  • 2013 — AIA/ALA Library Building Award
  • 2015 — Best Interior, Designers Saturday
  • 2016 — AIA New York Honor Award

【aQ-studio TALK】小岩井 琳太郎 編


連続インタビュー企画「aQ-studio TALk」第五弾は「小岩井 琳太郎」さん!

立体とイラストを手掛ける小岩井さんに、

普段聞けない、聞かないような質問をどんどん投げかけていこうと思います。

インタビュアーは弊社永井が担当します。

ーーまずは出身など、教えてください!

静岡県の出身で、5人家族です。小さい頃から活発な少年だったようです。よく外にでて遊んでいました!大学時代を金沢美術工芸大学で過ごし、今年京都市立芸術大学大学院の彫刻専攻を修了しました。

ーー小さい頃から芸術に興味はあったんですか?

絵を描くことは好きでした。落書き帳を全部埋めるぐらい、キン肉マンを描いていました(笑)

でもそんなに芸術が好き!っていうことはなかったですね。本をよく読んでたのは覚えてるなあ。

小岩井少年

ーーではどうして彫刻をやろうと思われたのですか?

美術高校にいたんですが、高校2年で専攻を選ぶとき、彫刻担当の先生のプレゼンが上手かったんです(笑)あと、静岡にロダン館(https://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/rodin/)っていうのがあって、そこの作品たちを見ているうちに「自分もやってみたい」と思うようになりました。

ーー今作っている作品にも、ロダンの影響はあるのでしょうか?

直接的な影響はないかもしれません。ロダンは近代の人体彫刻を代表する作家だと思いますが、彼の作品の中で動きを表現する姿勢や作風は今も私の中に確かに存在しています。

ーー他に、制作する時のこだわりがあれば教えてください!

過去の偉大な作品たちを見て、その文脈を踏まえた制作をしたいということと、無駄な要素をできるだけ省くようにしています。イラストのときも、彫刻のスキルと活かして、平面の中でいかに立体感をだしていくかは考えるようにしています。

ーー小岩井さんの作品における、「無駄な要素」ってどういうところなんでしょう?

自分の作りたいもの、イメージに逸れた装飾とかでしょうか。彫刻的な意味で言えば、立体を支えるパーツとか、補助的なものをできるだけ省きながらも作りたいイメージを完成させるようにしています。

ーーなるほど。

小岩井さんが手がけた、ボードゲームの外箱イラスト

ーーさて、プライベートについても少し教えてください、好きなアーティストや作品などありますか?

最近だと、兵庫で見たブルース・ナウマンの作品が面白かったなあ。結構感覚的に作品を見てるので、あんまり説明できないです(笑)あとはクリストとか好きかなあ。イラストだと、「はんくり/hungry_clicker」さんとか好きです。音楽は、よくHIPHOPを聴いてます。「キエるマキュウ」っていうアーティストにハマってます。他にも色々!

ーー今度音楽談義もしましょう(笑)最後に、今後アーティストとしてどうしていきたいか教えてください!

実は現代アートで食ってこう、って気持ちはあんまりなくて。もう一つの武器であるイラストを極めていきたいなと思ってます。特に人物を絡めたイラストはこれからどんどん描いていきたいですね!

ーーありがとうございました!

作品の購入・ご依頼はこちらhttps://aq-studio.work/shop-page/

その他のインタビュー記事はこちら https://aq-studio.work/category/interview/

Written by: 拓人永井